在校生へ

   ホーム  >  在校生へ [ 感染症による出席停止について ]

学校において予防すべき感染症への対応


 


学校保健安全法に定められた感染症による出席停止について


 


学校保健安全法第19条の規定により定められた感染症(以下、学校感染症とする)に罹患した場合、出席停止となりますので、主治医と相談の上、以下のとおり適切な処置をとられますようお願いいたします。


 


1 学校感染症と診断された時は、直ちに学校(担任)へ連絡してください。


2 出席停止期間の基準を参考に、担当医師から登校が認められる日まで登校はできません。出席停止の期間は欠席にはなりませんので、医師の指示に従って必要と認められた期間は十分に静養してください。


3 担当医師の診断書(医証)、または下に示す②医師の証明書に記入してもらってください。なお、証明書の記入につきましては、医療機関によって文書料が異なりますので、申し添えます。


4 体調が回復し登校する際は、「出席停止扱い願」に3のいずれかの書類を添付して、速やかに担任にご提出ください。


  *「学校感染症に関する医師の証明書」は当ホームページからダウンロードしてご活用ください。

       学校にも用紙を準備しています。


*「出席停止扱い願」は担任から受け取ってください。



 ホーム
福岡県立博多青松高等学校 定時制〒812-0044福岡市博多区千代1丁目2番21号
Tel:092-632-4193 Fax:092-632-4199